着こなしと機能が大事

おしゃれな人は必須

下着の一種であるランジェリーは、服の下から下着が透けないようにしたり、衣類の滑りを良くする目的などで利用されます。非常に多くの種類があるので、用途に応じて着こなすことがポイントです。肩から細いストラップで吊るす、ひざ下まで丈のあるワンピースのような下着のことを、スリップと言います。キャミソールととてもよく似ており、明確な違いは丈の長さくらいです。洋服と皮膚の間で起こる摩擦を少なくしたり、ブラジャーやパンツのラインや色が服の下から見えないようにします。ちなみにロングキャミソールはこれとほぼ同じタイプのランジェリーです。短いスカートを履く場合には、太股までの短さしかないミニスリップがあります。ブラジャーとスリップが一体化したタイプは、特にブラスリップと呼ばれています。ファッション性を重視しているランジェリーとして知られているのが、ベビードールです。アンダーバストからふんわりと広がった裾が特徴的で、下着としての機能性よりも、フリルやリボンなどをふんだんにあしらうことでセクシーなデザインを重視しています。恋人との特別な時間を過ごすときなどに着用されるもので、魅惑的なデザインや素材のベビードールが多く売られるようになりました。生地の種類も豊富な点も、ランジェリーの特徴です。繊細で透け感を出したい場合は、なめらかな絹やサテンがいいでしょう。絹のランジェリーは光沢感だけではなく、保湿機能もあります。

セクシーなものも多い

ランジェリーとは、女性用の下着を指す英語ですが、日本で使われる場合は装飾性の強い高価な下着を指すことが多いです。ドレスなどを着る場合、素肌の上に着てしまうと摩擦や汗などでスムーズに着ることができません。そうしたときに、ランジェリーを着ることでスルスルとドレスを着ることができます。また、ドレスに汗や皮脂を付けない効果も得られますし、ドレスの生地が薄い場合に肌が透けてしまうことを防止することもできます。近年の女性はカジュアルな服を着ることが多くなっているので、ランジェリーを着る機会は少なくなっています。その一方で、セクシーなランジェリーが多く売られており、人気を集めています。ランジェリーの値段は、生地の質やデザインによって大きく変わります。安価なものでは1000円台から購入することができますが、使い心地で選ぶのであれば5000円以上のものを選ぶべきです。一見すれば安いものでも可愛いものが多いですが、生地が固かったり通気性が悪いものが多いです。質のいいランジェリーは生地も柔らかく着心地もいいです。高価なランジェリーはレース部分も大きいので、取り扱いに注意しなければなりません。手洗いがベストですが、簡単に済ませたいのであれば洗濯機の手洗い機能でも大丈夫です。ただ、必ず洗濯ネットに入れることを忘れてはいけません。漂白剤は生地を傷めてしまうので使わないようにして、中性洗剤で洗います。色あせをしないように日陰で干すことが大切です。

意外と知らない手入れ方法

婦人

毎日身に付けるランジェリーのお手入れの仕方をご存じでしょうか。 ランジェリーの寿命は特に決まってはいませんが、サイズが合わなかったり、ほつれや黄ばみ、型崩れなどの劣化がみられた時が替え時です。できるだけ長く、劣化させずに使うには洗い方、干し方、たたみ方の3点についてそれぞれ気を付けることがあります。 まず、洗い方についてですが、手洗いが基本です。ランジェリーが入るくらいの洗面器などの容器にぬるま湯を入れて、さっとふり洗いをして、軽く脱水をしてあとは干すだけ。この時にランジェリーをぎゅっと押したり絞ったりすると、型崩れの原因になります。ランジェリーの洗い方としては「短時間で、やさしく洗う」と覚えておけば間違いないです。洗濯機で洗う場合は、必ずネットに入れましょう。短時間コースか、衣類を傷めないソフト仕上げコースで洗濯すると型崩れを防ぐことができます。 次に干し方についてです。ランジェリーを干す前に、まず洗い終わった後のランジェリーの形をしっかりと整えます。色々な方向から、優しい力で伸ばすことによって綺麗に形が整います。そして干すときは、できるだけ着用している時と同じ状態になるように、ピンチハンガーで留めます。ピンチに留める時は、ランジェリーが伸びないように丈夫な部分に留めると良いです。ブラジャーの場合はカップ下部のワイヤー部分に、パンツの場合はウェスト部分の端に留めましょう。 最後に畳む時についてですが、特に気をつけてほしいのはブラジャーの畳みかたです。畳む時に半分に折る方がいらっしゃるかもしれませんが、これはNGな方法です。ブラジャーのホックを留めた後、カップにストラップ部分も一緒にしまって、あとはその状態で型崩れないように収納します。 以上の3点を気を付けることで、ランジェリーを綺麗な状態で長持ちさせることができます。